読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランス10年 いまここ

フリーランス10年失敗、成功、家族、思考、考察、

フリーランスとして働きたい。独立したいと決めた時に行った行動とは?

 

エステティックサロンで独立をしたいと決めた時の行動

 

好きな美容関係の仕事に就いたのになぜ辞めたのか?

短期大学を卒業後、20歳で美容関係の小さな会社に就職をしました。

 

美容関係の仕事をしたいと思っていたので始めはとても充実しておりました。

私の仕事は脱毛をすることでした。

当時の脱毛は綺麗になるのですが、痛みが伴っていました。保冷材でお客様のお肌を冷却させながら、

「いかに痛くないように、お客様の負担にならないように脱毛をするか。綺麗にするか」を常に頭に置いて毎日取り組んでいました。

しかし、少しずつ「お客様が気持ちよくて綺麗になる方法はないのか?そういう仕事がしたい!」と考えるようになりました。

 

お客様が気持ちよくて綺麗になる仕事とは?

エステティック・アロマテラピーという仕事でお客様の役に立ちたい!と願うようになり、今のままではいけないと思い会社を辞めました。

 

エステティックとは美学、美意識を意味する

エステティックサロンとは痩身や脱毛を始めとした、全身美容、すなわちエステを目的とした店でリラクゼーションを兼ていることが多い。 

 

アロマテラピーとはアロマ(芳香)とテラピー(療法)を合わせた造語で、文字通り「芳香療法」のことです。

植物が持つ香りや有効成分が凝縮された精油を使って人間の身体に本来備わった自然治癒力を高め、健康維持や疲労回復、体調不良などの心身の不調を癒すことで病気になりにくい体質を作る効果が期待されています。

 それまで、エステサロンに行ったことがなかった私は、理想のエステサロンを見つけるために、WEBや雑誌、地域情報誌から探しました。

 

ここで働きたい!と思ったら次にする行動は?

まずは、WEBや雑誌に書いてある通りのサロンか調査をする為にお客様として、エステティックサービスを受けることにしました。

予約の電話をして、全身トリートメントというマッサージを受けました。

そして、働くにあたって調査したのは次の5点

 

①WEBや雑誌の通りの優良サロンかどうか?無理な勧誘はないか?
②私の目指すエステティック・アロマテラピーのメニューはあるか?
③どんな人が働いているのか?
資格を持っているのか?
④人柄はどうか?接客はどうか?
⑤この店で働きたい!と思うか?

 

この5点をクリアして私はここで働きたい!と決意しました!

 

働きたい!と思うだけで求人もないのに働けるのか?

求人は職安にも、求人情報雑誌にも掲載されていませんでした。

しかし、運よく最後に接客をしてくれたのが、その店の女性社長でした。

そこで私は正直に話しました。

「この店で働きたいと思い、今日はエステを受けにきました」

後日、履歴書を持って面接を受けていただける約束をしました。

 

本当にやりたい!と思ったら①に行動②に行動! 本当にその道が正しければ運は味方をしてくれて道が開ける! 学歴がなくてもやる気と行動力があれば大丈夫