読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランス10年 いまここ

フリーランス10年失敗、成功、家族、思考、考察、

フリーランス知らずに売ったらダメな化粧品をWEBで販売知り合いに訴えられる?

フリーランスでの失敗、エステサロン化粧品失敗

 

フリーランスとして活動し始めて、2年くらい経った時だったかな

エステサロンと化粧品のWEB販売をしていました。

 

 

誰から訴えられたの?→結果は訴えられず解決しました。

化粧品を安く仕入れていた知人から

なぜ?

WEB販売をしてはいけない化粧品だったから

なぜ知人にばれたの?

私がWEB販売をしている事が、化粧品を買ったお客さんから製造会社に情報が伝わったのではないかと考えます。

そして、製造会社がその地域を調べて、知人を突き止めたのだと考えます。

なぜ売ってはいけなかったのか?

知人はWEB上でも直接でも売ってはいけない化粧品を割引で私に売った為に製造会社から厳しい処分を受けたようです。規則があるようです。

 

私はその時自宅サロンを経営していましたので、サロンで使う化粧品として、サロン用販売として、そして知らずにWEBでも販売をしていました。

知人が少し割引をして売ってくれていたのです。

そのどれもがダメだったようです。きちんと、製造会社に登録された店でしか販売してはいけなかったようです。

 

私は知人に呼び出されました。

「なぜ、WEBでネット販売をしたのか?あんなことをされたら○○さん(私)を訴えないといけないかもしれない。裁判をしないといけないかもしれない。」と

「そんな人ではないと思っていたのに・・・まさか○○さんだなんて」

など・・母親よりもずっと年上の知人だったので私は謝る事しか出来ませんでした。

製造元に厳しい処分を言い渡されたのだと思いますが、私は通常のように仕入れてお店で使ったり販売する化粧品として考えていたので

「そんなに大変な事になるなんて?」という気持ちでいっぱいでした。

売ったらいけない、自分のお店でも使ったらいけないとわかっていたのなら絶対にこんなことはしません。ましてやフリーランスとして独立して1年以内で少額訴訟という裁判所のお世話になるような大失敗も経験しているのでそれがわかっていたのならその化粧品は扱いません。化粧品は探せばいくらでもあります。

 

私が仕入れとして割り引いてもらって知人から購入する時は何も言われませんでした。

しかし、知人と製造元の会社ではその化粧品に関する取り決めのような規則があったのだと考えます。知人はこんなことになるのなら私に売らなければよかったと思っていたと思います。私は、一方的に知人に言われて謝るだけだったので自分の気持ちは打ち開けず疎遠になってしまいました。

しかし、知人の会社はどの支店も今も継続しています。トータルすると20年は確実に経っています。

知人の会社は人も雇っているし、立地のいい場所に継続してお店を出し続けているので経営者としては成功していると思います。そこまでなるのには製造元との信頼関係の回復もあっただろうし、困難もあったと思います。疎遠にはなりましたが、経営者としては尊敬します。今になればいい経験をさせてもらえたといえるかもしれない過去ですが、誰にも話したことのない失敗談です。