フリーランス10年 いまここ

フリーランス10年失敗、成功、家族、思考、考察、

フリーランス開業前の準備費用は必要経費になる?自宅兼店舗は?どこまで?

開業前の準備費用は必要経費、店舗併用住宅は住宅ローン

 

開業前の準備期間の費用は必要経費として認められるの?

開業前の準備費用は「開業費」で処理!

私も購入したのをあげています。

 

  • 名刺・印鑑などの購入費
  • あいさつのための手土産代金
  • 文具やパソコンの購入費
  • チラシ印刷代、WEBサイト作成費
  • 書籍などの資料 
  • エステベッド・スチーマー・タオル・タオルキャビネット・スリッパ・化粧品・テーブル椅子セット他

 開業費の場合の償却期間は5年間です。私の場合は5年間均等に償却していくようにしました 

 

開業日からさかのぼっていつの分まで認められるの?

税法上では購入した時期の制限は設けていません。ただ、何年も前に購入したものが開業費に含まれている場合、不自然さが残ります。一般的には数か月~半年前までが妥当でしょう。

 開業費にならないものは?

以下については開業費に入れられません。

固定資産(10万円以上のもの。パソコンなど)

私の場合は自宅の一部、パソコン、美顔器が固定資産となりました。

テーブルセット、エステベッド、スチーマーなどは10万円以下で揃えました。

固定資産については減価償却をする資産です。資産の書類ごとに決められている耐用年数に応じて減価償却をしていくことになります。

 

 子供が生まれる前に自宅兼サロンを建てました。

ローンは組めるの?

店舗併用住宅で店舗面積が2分の1以下である場合建築費用をすべて住宅ローンで組むことができます。

私の場合は住宅の割合が大きかったので問題なくローンで組むことができました。

自宅兼サロンと言っても見た目は普通の住宅です。外も中もほぼ一般住宅に近いです。その中の1室をアロマ・エステとして利用するという感じでした。 

 

フリーランスでもローンは組めるの?

私の場合は主人が会社員、私は自営業ですが前年度に小規模個人エステサロンに勤めていて収入がある程度あった為収入合算でローンの審査が通りました。

前年度の収入が重要です。

 

店舗兼住宅の償却期間は?

うちの場合は木造なので耐用年数22年です。22年間に渡り毎年減価償却費用として償却できます。なので後、12年です。

その頃には、子供達も大きくなっているので、本格的に店舗として住宅とは別に新たなビジネスにも取り組みたいと思います。

でも、子供たちが大学進学などで巣立つ時期でもあるので、また部屋が空くかな~。

そうなると、やっぱり自宅の一室で仕事が出来るっていうのはいいよね。

移動時間もないし、新たに店舗を構えるとしても費用がかかるし、エネルギーもいるなあ。夢はあるけど、子供が小さい間は目標にとどめておこう。