読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランス10年 いまここ

フリーランス10年失敗、成功、家族、思考、考察、

小屋暮らしに憧れる、将来は本気で小屋暮らしがしたい

f:id:clistalemelald:20161019114638j:plain

小屋暮らしに憧れるようになったのは断捨離がきっかけでした

小屋暮らしの魅力は?

 

  1. あくせく仕事をして今から、貯金をいっぱいしなくてもいい。

私の理想は子供が成人したら小屋暮らしがしたいな。

今住んでいる家を売って、小屋資金+老後の資金したい。

土地代の金額で売れるだけでもいい。

一応、将来の資産価値が高そうな場所へと相談して建てているから、売れやすいかなと思うけど、20年後だからな~。

3人の教育資金を用意するだけでも大変なのに・・・

老後資金もなんて言ってたら、今のやりたいこと!楽しみをある程度犠牲にする事にもなるし・・・。

将来も大事なんだけど、今がもっと大切・・・

父親は仕事人間で勉強をいっぱいして、目指すところまでいってたみたいだけれど、これから夫婦2人でのんびり出来るっていう時に52歳でがんで亡くなってしまった。

余命を宣告されてから思い出作りは出来たけど・・・

夢だった、夫婦での列車の旅は出来なかったね・・・

念願だった、北海道へ夫婦で旅行に行けたど、痛みで楽しめなかったって・・・

夜中に母から電話があって、「今、ホテルなんだけど、お父さんが痛い、痛いって言ってるんだけど・・・」がんの痛みは末期になるほど激しいらしいし、見ているのもつらい。体が元気でないとどこに行っても楽しめない。

私も電話口で聞くことしかできない。どうすることも出来ない・・・

やりたい事を全部後回しにしてたら私、後悔しそう・・・

 

2、掃除が楽、時短出来る

部屋の下の幅木など少しの段差に溜まったほこりが気になるので、家が小さい分掃除がしやすい、掃除をする時間が短くていい。壁を拭く時間も短時間で済む。

 

3、私が思う贅沢な暮らしが出来そう。

今も、庭の片隅の畑で子供達と野菜を育てているんだけど、すごく美味しい。

無農薬で安心して食べられる。普通の土に、ホームセンターで買ってきた肥料を入れて耕して種を撒いたら、トマト、きゅうり、ピーマン、なす、なんかはあまり手入れをしなくても十分な品質、量、味のものが出来る。

最初~最後までの工程がわかるし、安心健康な野菜を自分で作って、料理をして食べるなんてなんて贅沢なんだろうって思う。

憧れは、七輪でお魚を焼いたり、野菜を焼いたり、こだわった料理をしなくても美味しく食べられそう。こんな日常生活が出来たら、素敵だな。

 

小屋暮らしの本を読んでいるとわくわくする

  1. スモールハウス
  2. Bライフ10万円で家を建てて生活する
  3. 食う寝る遊ぶ小屋暮らし
  4. 小さな家、かわいい家 世界の一流建築家による傑作タイニーハウス34軒
  5. DIYでMY太陽光発電所

 

DIYでMY太陽光発電所は読んいないけど、絶対に読まないといけない。

電気代をゼロにしたいから。ほぼ全てをまかなって生活をしてみたいから。

 

田舎暮らしをする事については、今住んでいる場所も1人1台車を持っている確率が高いほどの場所だから、あまり問題ではないかな。

今、住んでいる場所から少し離れると、土地は安く売っているし、一応バスも本数が少ないけれどあるよ。タクシーも呼べば来てくれる。

車が今は普通車と軽四があるから、1台にするだけでも生活コストは大幅に下げられる。水道は引くよ。お風呂はいる。ミニキッチンが欲しい。

 

小屋暮らしでなくしたい物、欲しい物

テレビ、洗濯機は置きたくない、

天然木の良質なテーブルとイスが欲しい。

そして、食器は応量器

禅宗の僧侶が托鉢のときに持っていた「応量器」と呼ばれる入子の器を、現代の生活で使いやすいようにアレンジして作った5つ組の器セット

使わない時は全てを入れてしまえる、マトリョーシカのような器

まさに、機能美!コップもいらない。これだけあればすべてがまかなえる。

すべて、天然木の物で揃えたいなという一方で最近いいなあと思うのが

スノーピークのアウトドア商品が素敵

チェアもテーブルも食器も・・・実物を見るとさらに心を突き動かされる

どんな人たちが作ってるんだろう?きっと素敵な人たちに違いないと思う。

今はスノーピークの商品1つも持っていないんだけどね・・・

先日、食卓テーブルを買ったんだけど、家の中をアウトドアにしてみたくてスノーピークのテーブルいいなって思ったんけど、現時点では実現不可能だった・・・

毎日の食卓テーブル、としてはやっぱり使いにくそうだった。

天気のいい日は外で料理をしたい。スノーピークの焚火台で毎日の料理を作る。

スノーピークの和製ダッチオーブンセットで料理をするって考えただけでわくわくする。調理器具は、スノーピークを使いたい。

住居費が大幅に削減できる分、本当に好きなもの、こだわってコレっていう物を毎日使いたいし、自分の小屋スペースに迎えたい。

小屋の中はミニキッチンで外に、屋根付きのキャンプ場みたいなキッチンスペースが欲しいなあ。

寒すぎる時、暑すぎる時は外で料理をするのは厳しいけれど、今住んでいる場所だったら、大丈夫かな。

子供たち3人が大学を卒業するまで21年

子供たち3人が大学を卒業するまでとしたら、小屋暮らしをするまでに後、21年もある。その中で、価値観が変わってきたら、小屋暮らしをしないかもしれないけれど、

今も楽しく、日々成長する子供達と過ごす時間を大切に、家族で出かける時間を大切に、無理せず、節約をしすぎずに生きようと思うと、質素で合理的な小屋暮らしには憧れる。

何より、21年後の将来は小屋暮らしをする!と見据えていたら、今の私が、楽でいられる。日々好きな仕事をして、将来の心配が少し減った分、心の余裕が出来る。

 

小屋暮らしを妄想していると、すごく楽しい。