読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランス10年 いまここ

フリーランス10年失敗、成功、家族、思考、考察、

小屋暮らしとブログを書く事は同じ気がする。小宇宙のわくわく感がある。

小屋暮らしの魅力・小屋暮らしは小宇宙

小屋暮らしとブログに無限の広がり小宇宙を感じる

私の中で、小屋暮らし、ブログ=小宇宙 と思っている。

小屋暮らしは、限られた空間、限られた持ち物でいかに毎日をより楽しく、充実して人生を生きるか自分を試す事が出来る。

管理するモノが少ない、やらなければいけない仕事が少ないことによって、空いた時間を思う存分自分のやりたい事に注げる。

 

  • 友人たちに自分で育てた野菜やフルーツを使って、スノーピークの調理器具で作った料理を囲んで話す。
  • 主人と今日は山菜を取りに行く?海に釣りに行く?図書館に行く?畑を広げる?と毎日やりたい次々と思い浮かんできそう。
  • 資金は、今住んでいる土地、家を売ったお金で小屋かトレーラーハウスかを購入して、残りは小屋暮らし、老後資金として取っておく。年金もあるから、生活は出来ると思うけれど、今の経験を生かして収入に結び付く仕事も持っておきたい。生活基盤の収入の確保が出来ている分、ある程度好きな分野の仕事が出来るかな。何にしよう・・・カルチャースクールの講師をしていたから、月数回講師もいいなあ。エステ・アロマサロンをしていたから、フリーマーケットのような場所で、短時間マッサージ、植物をネット販売していたから、自分の育てた植物販売、手作り市場に卸したり、イベント出店も楽しいかも。わくわくするような考えが次々と浮かんでくる!まさに小宇宙のような広がりを感じる。

ブログのどこが小宇宙なの?

  • 小さい画面(スマホ)でいかにして、読んでくれる人の為になるようなものが出来上がるか?
  • 小さい画面ながらも小屋のように美しく機能美を兼ね備える事が出来る。それを自分が納得いくように追求していくことが出来る。
  • 小さい画面でページを沢山増やす事が出来る。無限に広がるまさに小宇宙のような広がりを感じる。

小屋暮らしの難しい事、法律とかはまだ、よくわかっていない。

ブログの難しい事もよくわかっていない。だけど、無限の可能性を秘めている感じがする。後、何年生きられるかわからないけれど、後悔しない人生を生きたいな。