読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランス10年 いまここ

フリーランス10年失敗、成功、家族、思考、考察、

子供が何度も見たくなる映画ランキング、図工は天才!と言われる豊かな感性が育つ小学生編

育児

子供映画ランキング

 

小学3年生の娘が何度も見たい!という映画ランキングベスト5

図工は天才!と先生に言わせる感受性が豊かに育つ映画は?

豊かな感性が育つ図工が天才娘の選んだ映画ベスト5

第1位 かぐや姫の物語(高畑勲監督 スタジオジブリ作品)

映画好き、ジブリ好きの主人が子供の為に選んだ映画の中で娘にヒットしたのがかぐや姫の物語。誰しもがストーリーを知っている物語だけれど、かぐや姫を育てるおじいさんとおばあさんの心情が言葉と表情によく表れている。

 

他のジブリ作品の絵と違ってパラパラ漫画をスムーズにめくったような懐かしい感覚と声優たちから日本昔話を思い起こさせる映画。

 

日本昔話を現代バージョンに映画にして、人間として一緒に生活をする日常を描きながら、いつか遠くへ行ってしまうだろう娘へ親として出来る限りの事を尽くしている。

 

娘にとっては、今まで見た作品と違って、絵の雰囲気、色使い、語りなども特徴ある印象として残っていると思う。いくつになってもお姫様へ憧れる思いと、普段は気づかないけれど両親から自分も大切にされているんだなと気づきを与えてくれる映画

 

第2位 思い出のマーニー(米林宏昌監督 スタジオジブリ作品)

喘息と心の治療で養父母から知り合いの家で療養することになったアンナが不思議な少女マーニーと出会って、体も心も元気になっていくストーリー。

 

マーニーの大切な友達アンナは幽霊なのか?心の病気で生み出した妄想なのか?でも不思議な少女マーニーに出会ってからのアンナは確実に変わっていく。

 

娘と同じ年頃の女の子にとって友達は本当に大切。友達に教え友達に学び、自分自身を見つめている。わからなくなる自分がいる中で本当の気持ちをぶつける相手も子供の成長過程では必要。現実か?幻か?そして、自分はどこからやってきたのか?

本当の両親は?と自分と向き合う中で元気になっていく少女は今すごくいい大人になっていると想像する。小学生なりに毎日模索する中で娘も自分と重ね合わせて共感するのかもしれない。

 第3位 時をかける少女(細田守監督)

主人公は17歳の高校2年生の男勝り、自由奔放な印象の女の子。

過去と現在を行き来をして、様々な経験をする中で今の大切さを知る。自分はこれからどうなっていきたいのか?だったら今どうするべきなのか?

むちゃくちゃ自由奔放に不思議な力を使うことによって得られるもの、失うことを学んでいく。誰しもがあの時に戻れたら・・・こうするのにと後悔している過去がある。

本当にその時に戻れたら今、想像している行動を取れるのか?

その結末に幸せな結果が必ずあると言えるのか?

娘は、「あの時に戻れたらな・・・赤ちゃんの時に戻りたい。また、ママから大事にしてもらいたい」9歳ながら、あの時はこうだったな、ああだったな・・・って考えるんでしょうね。恋愛話もあり、お姉さん的な考え、テンポが速くて面白い展開も好きなのかな。

 第4位 猫の恩返し(森田宏幸監督 スタジオジブリ作品)

助けた猫が「猫の国」の王子で猫の国に招かれ、ひょんなことから猫の姿になってしまった高校生が元の世界に戻るために、人間界とファンタジーの世界を猫と一緒に冒険するストーリー。

日常に嫌気がさしていた時に猫の国のお姫様になってもいいかも♪

と思ってしまった主人公が、自分を見つめなおし、自分で幸せを探していく中で将来を明るく思い描くようになる。

女子高生の素直で明るいかわいさと、一緒に冒険をするネコのバロンが紳士的でかっこいい!バロンの声が素敵。娘にとっては猫の国って本当にこんなのかもねという面白さと、不思議な猫やカラスに助けられながら元の世界に戻る楽しいファンタジーが心に残っているのかもしれない。私バロンの人形が欲しい!と思ったよ。

こんなの。ジブリ作品を見るとすぐフィギュアを見てしまう。

現在の買取相場と過去の買取価格をオークファンで調べて、予見する・・・

そして、近所のリサイクルショップにも外出ついでに寄ってみる。

すると、時々お宝商品が眠っている。やっぱりジブリは人気!!

興味のある人はオークファンで調べて見てね。う・れ・る

ネットオークションの相場、統計、価格比較といえばオークファン

 

第5位 魔女の宅急便(宮崎駿監督 スタジオジブリ作品)

知っている人が多い作品ですが何度見ても面白い。あの、お店のパンが食べたい!!

娘は9歳ですが、キキのように、何でも自分で出来る!親がいなくても大丈夫!って思っているふしがあるのか、生意気な事を言う時も多々あります。

キキと同じようにトラブルを乗り越えながら友達を見つけ、仲間をみつけ、信頼できる大人を見つけ、成長していくのに自分も重ねられるのだと思います。

そして、空を飛ぶ魔法、ネコのジジと話せる魔法、普通の女の子に見えて、不思議な能力が使えるキキに憧れも抱きます。

 そして、魔女の宅急便には続きがあります。

キキの35歳までのストーリーがここに書かれています。

気になるトンボとのその後、黒猫ジジのその後

ハロウィンにはこれもかわいい!!

ジブリ好きにクリスマスプレゼントをしたら喜ぶ黒猫ジジ

9歳娘クリスマスプレゼントと日常生活必需品を兼ね備えるのならこれ!遠足で必要

 両方の実家でクリスマスプレゼントを用意してくれるらしいんだけど、

9歳になると何でも喜ぶとは限らないよ!

9歳の誕生日プレゼントに幼稚園の子が使いそうなキティちゃんのリュックを買おうとしていたうちの母親。この時は娘と一緒に行ったから買うのを阻止出来た。

娘の一言「ばあば、○○(自分の名前)もう幼稚園じゃないよ。そんなの、使えん!」

クリスマスプレゼント予算5千円だから、私は母親として、使える物、私のお財布からいずれ出費をしなくていいように、本当に必要な物を買って欲しいんだよね。

だから、「魔女の宅急便のお弁当箱とお弁当袋が欲しい!」って細かく指定をしないと、とんでもない物を買ってくれる。

ジブリ好きの娘にとったら、ジブリの中のキャラクターで言えばやっぱり魔女の宅急便のキキ、ジジかな。予算ギリギリまで買って欲しいから、魔女の宅急便グッズのミニタオルハンカチもつけてもらおうか!

筆箱は年に数回買い換えるから買っといてもらおう!私の出費が減る。

音楽聞く為にスマホ持っているからスマホグッズは喜ぶ!バックにもつけれるし、

ランドセルにも付けられる。友達に自慢するんだろうけどね。

やっぱり、立体キャラクター、キーホルダーマスコットは小学生、大人にかかわらず不動の人気!見ているだけで癒される!ぬいぐるみは持っていけないけど、キーホルダーなら、ランドセルに付けていっても怒られないもんね。やっぱり女子はこまごました物沢山もらう方が嬉しいみたい。