フリーランス10年 いまここ

フリーランス10年失敗、成功、家族、思考、考察、

3ケ月赤ちゃん食物アレルギー症状、初めて食物アレルギーを知る

f:id:clistalemelald:20161101141144j:plain

現在9歳の娘が3ケ月の時の写真です。食物アレルギーで顔がパンパンに腫れむくんでいます。体中赤いぶつぶつだらけです。この写真は病院に行き始めて、顔、体全体にステロイド剤を塗った後の写真なので体と顔がテカテカしています。

 

食物アレルギーって何?

娘が食物アレルギー診断をされるまでは知りませんでした。食べ物が人間の体に悪さをするなんて!って感じで全く無知でした。

食べ物を経口摂取した時に、その食べ物に対するアレルギー反応により生じます。多くは食べ物を摂取して数分から1時間以内にじんま疹や腹痛などの症状が出る即時型と数時間以上経過してから湿疹の悪化や下痢などがみられる遅延型があります。

消化管粘膜の未熟な小児に多くの症状がみられます

食物アレルギーに気づいたきっかけは?

生後3か月を過ぎたくらいから、顔が赤くなり、むくんで浸出液が出るようになりました。小児科に通っていましたがアレルギー専門の病院でなかった為、治療、薬の使い方などが適切でなかったと後々気づくことになります。

娘の顔を見て見知らぬ人に言われました

小児科での治療、薬が適切でなかった為、頬から黄色い浸出液が出ていました。

買い物に行く時は、ベビースリングを使っていたので、スリングを長くして娘の顔を覆うようにして常に隠していました。

初めて行ったパン屋の店主に娘の顔をのぞかれて言われました

「あんたこれひどいね~!うちの子供もアレルギーだったんよ!パン屋しているのに小麦アレルギーでね~。いっつも気を遣ってね大変だったんよ~。

家に戻る時は小麦が付かないように払って、着替えて・・・話が続きます・・・

息子が行ってた、いい病院があるからそこに行ったらええよ!」と

病院を教えてもらいました。

食物アレルギーの症状が良くならないので病院を変える

食物アレルギーで有名な個人病院へ行った時の事は今でもはっきりと覚えています。

受付をするなり、すぐに診察されました。すごくたくさんの人が待っていました。

緊急を要する場合は診察が早いと後々知りました。

f:id:clistalemelald:20161101151408j:plain

食物アレルギーで先生に言われた第一声で泣く

診察の椅子に座った「お母さん寝れていますか?」この一言で涙が溢れてきました。

眠れていなかったんです。1時間置きくらいに泣く、抱っこしていないと泣く、抱っこをして歩き続けても泣く、いつの間にか寝たと思ったら頭を掻きむしって爪の跡がいっぱい、血が出ていて泣く、私もそれを見てかわいそうで、痛々しくて眠れないし、辛かった。

顔も暗くげっそりしていたと思います。その時の自分の写真を見てもそう思います。

そういうお母さんが多いのだと思います。先生は察していました。

今まで他の病院に通っていた事も話しました。

「この子の症状はひどいので本当だったら入院しないといけない状況です」

「今日は点滴をして様子を見ます。明日、朝一番で予約を入れとくので来て下さい」

この日は強い薬を点滴した為か娘はぐっすり眠ってくれました。そして私も久しぶりに眠れました。

病院によって食物アレルギーに対する知識の違い

始めの病院はステロイドを処方されただけでした。食物アレルギーだけど、症状が出ているのは肌だから、何か食べるのをやめるとかはしなくていいという話でした。

おおざっぱな女の先生でした。初めてのあかちゃんでわからないことだらけで、近所の小児科がいいと思っていましたが、実際には違いました。

アレルギー専門の小児科に変えて本当によかったと思っています。

アレルギーに対する検査、食べ物、生活環境などを親にも指導してくれます。

こんな時はもしかしたら食物アレルギーかも!

  • 生後2ヵ月くらいから赤い湿疹が出る。
  • 母乳を飲んでも飲んでも泣きわめく。
  • 機嫌がいい時が少ない

長女はこんな感じでした。母、妹に言われるのがあの時食物アレルギーで

痒かったのかもしれないね。調子が悪かったのかもしれないね。と

身内の子供の中で一番育てるのが難しい赤ちゃんと思われていました。

機嫌のいい時がなかったよね~と思われていました。私も3人の中で一番苦労しました。アレルギーってわかってからは少し楽になりました。

アレルギーがひどすぎて母乳をやめなければいけない

娘の場合はアレルギー値が高く、アレルギー反応数が多いため完全に母乳をやめなければいけませんでした。母乳が出るのに母乳をやめないといけない。つらかったですが、食物アレルギーの症状が良くなるのであれば何でもする!という感覚でした。

数時間経つと胸が張って岩のようにガチガチになって母乳パットがいっぱいになるくらい母乳が自然と出てくるのに母乳をやめて自然に止まるのを待つことが出来るのか?心配でした。

仕事をしていた為、仕事の途中で搾乳する時間を取って自然に母乳が出るのを止めるという方法がとれませんでしたので、出産した病院へ行き理由を説明して母乳を止めるホルモン剤の薬をもらいました。すると、数時間で胸が張る感覚がなくなり、全く出なくなりました。ホルモン剤の薬の強さにびっくりと同時にもう母乳をあげられない残念さもありましたが、娘のアレルギー症状を治す為に割り切りました。

アレルギー用ミルク森永のエムエーミー

病院でアレルギー用ミルクの森永のエムエーミーにして下さい!と言われて切り替えましたが初めは大変でした。母乳だったので、哺乳瓶の乳首を吸わない。

なんとか飲まさないといけないので、粉ミルクを水で練ってヨーグルトのようにして食べさせてみました。少し食べてくれました。しかし病院で先生に話すと、ミルクとして飲ませて下さいと言われたので、なんとか根気よくミルクを飲ませ続けました。

始めは大泣き続きですが、お腹がすくので次第に哺乳瓶からミルクを飲んでくれるようになりました。

森永のアレルギー用ミルク エムエーミーにはアレルギーを治す要素がある!

先生に言われた言葉です。難しことを言われてもわからないので簡単にわかるように説明してくれたのだと思います。アレルギー用ミルク エムエーミーには薬ではないけれど、アレルギーを治してくれるような成分が入っているとのこと。

病院で処方された薬を飲みながらではあるが、アレルギー食品数が増えるのも防いで

くれて、腸管も強くしてくれるので絶対に飲ませて下さい!と言われました。

我が家の子供達3人ともアレルギーがあります。アレルギー数値が低い次男もアレルギー数値は低いけれど、アレルギーを治す要素があるので出来るだけ飲ませて下さいと病院から言われていました。

卵アレルギーは家に卵を持ち込んではいけない

乳幼児に多いのは卵アレルギーです。卵アレルギーが強い場合は卵自体を家の中に持ち込んではいけません。家の娘の場合は卵から放出する匂い成分?などでも症状を発するほどの強いアレルギーでした。肌からもアレルギー物質が入るので、常にステロイドとワセリンが入った薬を塗って肌を保護していました。

 調理器具、食器は別にしなければいけない

完全除去だったので卵を含む表示のある物は一切同じ調理器具で料理が出来ませんでした。ちくわ、ハム、ウインナーなどに微量に含まれている成分もダメでした。

製造ラインが別のアレルギー専用でなければいけない

アレルギー専用の食品はOK.野菜、米、一部の果物は食べられました。

まとめ

今同じような症状が出ている場合は早めに病院へ行くことをおすすめします。

私の病院選びが間違わなければ、初めからアレルギー専門の病院へ行って適切な治療と指導をしてもらえていたら、アレルギー症状がひどくならずに済んだかもしれません。

アレルギーの原因を調べて、原因物質を除去したり、環境を整えることで、私の娘の場合は食物アレルギーが良くなりました。

一番いいと思うのは口コミで信頼できる人から教えてもらった病院です。

私もアレルギーで悩んでいる友達には娘が通って食物アレルギーが良くなったので教えています。病院選びは重要だと思います。

お子さんの症状が少しでも早く良くなりますように、そしてお母さんの心が少しでも軽くなりますように。