フリーランス10年 いまここ

フリーランス10年失敗、成功、家族、思考、考察、

滑り台反対から上るのはありなのか?滑り台を逆走する子供達


スポンサーリンク
人気記事セレクション♪1. 1着でOK!要らない洋服を売って1000円もらえる!
2. 成功のカギ!家を建てる時期と運勢は重要
3. ハプニング発生!旅行の前日に格安ホテルを見つけた方法
4. 独立したい!店舗併用住宅で住宅ローンを組んだ話 
 

f:id:clistalemelald:20161102121315j:plain

近所の公園は0歳児~小学校6年生までの子供たちが遊んでいる事が多いのですが、

遊具の使い方は年齢によってかなり変わってきます。男の子は少し危ない使い方をしているなと思うこともあります。

前から疑問に思っていたことをまとめてみました。

滑り台の遊び方は無限大

滑り台は階段から上って滑らないといけない?

通常、階段から上って、滑りますが、動きが活発になる3歳以降は特にお兄ちゃん、お姉ちゃんの真似をしたがります。1歳の息子も同じです。

歩くのもまだヨチヨチよろけるのに、滑り台を滑る方から上ろうとします。

私が子供の頃は?

滑りる方から駆け上がるのも好きでした!手を使わずにスムーズに上まで行けた時の達成感はすごいものでした!今思えば、自分があんなことが出来るこんなことが出来るというのを公園の遊具で確認している感覚です。

鬼ごっこをしている時に逃げるのも滑る方から駆け上がる方が早いですし、スリルを楽しんでいるのもあったと思います。

滑り台を反対から上るのは悪い子?

遊具は子供たちの発想で色々な遊び方があっていいと思います。危険なこと、滑り台を滑ろうとしているのに邪魔をして滑らせないのは注意が必要ですが、滑り台を反対から上りたい!という欲求や経験は必要かなと私は思います。

滑り台を逆走している時に注意しないといけない時は

  • 誰かが滑ろうとしている時(階段から上って滑る人が優先かなと思います)
  • 1歳の息子のように危険と判断する時

(何でも真似をしたがるので、小さい子供にはお母さんが注意をしています。)

  • 小さい子供が多い時

(娘・長男が滑り台を駆け上がるのを見て真似をされては困るのでもし、滑り台を駆け上がっていたら注意をすると思います)

子供が滑り台を逆走するのを見守るお母さん

近所の公園で住宅内専用の公園っていう理由もあるのか私の周りにはこのタイプの近所のママ友が多いです。周りの雰囲気、子供たちの様子を見て、滑り台を逆走してもいいかなという時は様子を見守りながら友達と鬼ごっこで逆走を楽しんだり、上から引っ張って逆走を手助けしたりして遊んでいます。

まとめ

家の子供達の場合は近所の公園では滑り台の逆走をするけれど、どこの公園でも逆走するようではないようです。ローラー滑り台では危ないので逆走しませんし、スピードが出るような角度が何度もある滑り台では逆走しません。危険と判断していると思います。

子供なりに今までの経験を考えながら、危ないかな?大丈夫かな?どうしようかな?と考えているように思います。

写真にアップしているようなアスレチック系のすべり台だったら、滑るのは勢いが強すぎるから、小さい子供は注意が必要です。

私はこんな滑り台を滑って勢いが強すぎて地面にしりもちをついて痛い思いをしました。子供の方が上手に滑れていました。大丈夫かな?と思っても子供の運動能力ってすごいもので意外と簡単にやってのけたりするんですよね~。

自分の運動能力の方が心配だわ~。