読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランス10年 いまここ

フリーランス10年失敗、成功、家族、思考、考察、

ネットオークションで使うトルソーはどれがいい?平置きの方が売れる?

ネットオークショントルソー

ヤフオク、メルカリ、フリル、ラクマで洋服を販売する時のトルソー選びで、私が使っていたのは、布張りトルソーです。

 

エアートルソーも買いました。安いのですが、実物を見ると使えない・・・と思い1度も使う事はありませんでした。

商品が安っぽく見えてしまいます。トルソーを使うメリットは?平置きとどちらがいい?

トルソー

 布張りトルソーを一時期利用していた事もあるのですが、現在は平置き中心です。

そんな私が感じる布張りトルソーのメリット、デメリットは?

メリット

  • 立体的なので着用をイメージしやすい
  • 写真を複数掲載する時には角度を変えて撮影するので、平置きよりは時間短縮できる。
  • ショップのイメージが出やすい
  • アームがある場合は、バックなどコーディネートしやすく、コーディネート販売でも売り上げが上がりやすい(アーム有は着脱に時間がかかる)

デメリット

  • 最近は5,000円前後で比較的良いトルソーがネットで手に入るが少し経費は必要
  • パンツを履かせる時は、スタンド途中を抜いて下から履かせるのが面倒
  • 足元まで見せる場合は壁、床にまで気を配る必要がある。

一時期ワンピースにこだわって出品していたのですが、平置きよりはトルソーを使う方が、綺麗に見えますし、横から見えるラインを気にする人もいるので、平置き撮影では出来ない横ラインの撮影が出来ます。

 

複数写真を掲載する場合は手間もかかりますが、1着3000円以上の利益が見込める商品だったらその手間も慣れれば問題ないかなと思います。

オークショントルソー

オークション服写真撮影

 

トルソーを使う場合は、忘れずに首元のブランドタグを平置きもしくは壁掛けハンガーで撮影して掲載しましょう!ブランドタグは必ず掲載!

 

オークションブランドタグ撮影

 

平置

トルソーなしでも平置きで造花の花で演出したり、バック、靴、アクセサリーなどでトータルコーディネートをしている人もいます。

壁にハンガーで出品する場合は、商品を管理しているハンガーに掛けたまま、撮影用の壁に移動、床に移動して撮影するので時間の短縮に繋がります。

 

メリット

  • トルソーの経費が不要
  • トルソーが場所を取らない

 

デメリット

  • 着用ラインを気にする人に横から見た着用ラインを写真で掲載する事ができない
  • 変形タイプの服の場合、着用感を出すのが難しい

 

コムデギャルソン、ヴィヴィアンウエストウッドなどの変形した洋服を立体的に見せるのにはトルソーがある方がよいです。ポンチョカーデなど、立体的に見せないと着用イメージがしにくい洋服の場合は、トルソーが便利ですね。

オークションタイプで出品している時は入札が上がりやすく高額で落札されやすい傾向があります。

まとめ

出品する洋服の種類によってトルソーが必ずあった方がいい場合もあるのですが始めは私も平置のみでした。利益が出てから、トルソーを購入して、扱う洋服によって、トルソーと平置きで出品した方がよいと思います。

ネットオークションを使う場合の参考にして下さいね。

 

参考までに、ギンガムチェックのワンピースは利益1着2万円以上、花柄のワンピースは1万円以上だったよ。ワンピースの場合は、着用ラインが大切だから、イメージ出来るようにトルソーを使うとオークション形式にすると値段が上がりやすいよ。