読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランス10年 いまここ

フリーランス10年失敗、成功、家族、思考、考察、

住宅ローン固定金利期間終了!住宅ローン借り換え価格.comのシュミレーションが便利!!

家を建てる 家計 悩み

f:id:clistalemelald:20170307120656j:plain

 

住宅ローン固定期間終了手続きの案内手紙が来ていた。

 

2月1日、返済日までに手続きをされなかった場合は、変動金利での引き落としになるんだって!

 

すっかり忘れていた!過ぎてる!

 

小学校のプリント、幼稚園のプリント、少ないけど保育園のプリント、PTA広報誌の用紙、加入している保険関係、娘のチャレンジの定期便など紙に埋もれてすっかり忘れてた!

金利3倍弱!絶対借り換え!住宅ローン借り換え今はどこがいいの?!

 我が家の住宅ローン金利事情

10年前に建築した当初は3年あればある程度繰り上げ返済出来るんじゃない?と思って3年固定にした!

 

3年はあっという間だった!

 

その時点でまた、3年固定、5年固定、10年固定、変動金利で選ぶんだけど地方銀行は金利が高いから借り換えをする予定で進めていたよ。

 

銀行の方から「金利を下げるから、うちで住宅ローンを借りて欲しい!」と言われて色々提案を出してもらいました。

「金利を下げてくれるなら、引き続き借りるよ!」という事で住宅ローンの金利が安いネット銀行での借り換えを検討していたから、引き合いに出して交渉して地方銀行で1%で借りていたんだけど、それが固定金利期間終了で2.8%に上がるんだよ!

 

3倍弱だよね!繰り上げ返済をして住宅ローン残債1000万弱にはなったんだけど、出来るだけ金利は押さえたい!

 

我が家の住宅ローン金利と利息の関係

分かりやすく説明する為に1000万で簡単に例えるね!

適用利率 1.0% 元利均等返済

28年度で支払っていた利息 年間約 10万円 1ヵ月 8,333円

 適用利率 2.8% 元利均等返済

もし、2.8%で支払っていたら 利息 年間約 28万円 1ヵ月 23,333円

 

残額から毎月元金が引き落とされた額に対する適用利率だから、この金額よりは少し減るんだけど適用利率が違うだけで我が家の住宅ローン利息がこんなに大きくなる!!というのを伝えたかった!

 

我が家は1000万円を切ったから、まだこの金額で収まっているけど、残額が3000万とかあったら本当にもう大変だよ!この住宅ローンの利息って侮れない!!

 

  • 3年あれば何とかなるかな?

 

  • 5年あれば繰り上げ返済出来るんじゃない?

 

  • 15年あったら完済出来るんじゃない?

 

  • 共働きだし収入右肩あがりに決まっている!

 

いい方向にばっかり考えていた!私の場合は最高の時はすごくよかったけど自営業だから、安定していないんだよね。

20代の頃は夜中も起きて仕事をやっていたんだけど、もう、そんな無謀な事は時々しか出来ない←時々はやってる。

 

住宅ローン借り換えどうしよう・・・

 

今借りている銀行に電話をした!残債一括返済の手数料を聞いたら、変動金利期間中に移行されているから5,250円だって!

 

金利が低いネット銀行はたくさんあるんだけど、問題は諸費用なんだよね。事務手数料や登記関連費用などをまとめて借り換えメリットがあるかどうか

 

我が家の場合は借り換えを検討している銀行と比べると金利差が2.2%はあるから借り換えをした方がいいと思っている。

 

貯金、資産運用資金、学資保険資金などを集めて一括返済する、ローン残高を少なくするという方法もあるんだけど、我が家は考えていない。

 

1000万円を切っているんだけど、じぶん銀行のシュミレーション結果を見ても総費用がかなり違う。

今借りている銀行でも、「金利を引き下げるように検討しますので!」と電話口で言われた。確かに、諸費用、面倒な手間などを考えると今借りている銀行で金利を下げてもらって借り続けるのがいい場合もある。

 

でも、銀行もどれくらいの金利を提案してくるかは今の所未定なので、私なりに最善策を取りたいと思ってシュミレーションを出したよ。

 

住宅ローン借り換えで役立ち紹介 

私が利用したのは、2つのページです。

 

住宅ローン 約20社から比較・シミュレーション - 価格.com

 じぶん銀行シュミレーション

 

価格.comのシュミレーションめっちゃ使いやすい!これはおすすめ!

見やすいしわかりやすい!

 

 価格.com住宅ローン借り換えシュミレーションはここがいい!

  • シュミレーション条件入力が簡単でわかりやすい

 

  • 117件の住宅ローンシュミレーション結果が一覧表

 

  • 総支払額の少ない順に結果が出る

 

  • 総支払額、総支払金利が一覧表

 

  • 借り換え後のローンと現在のローンとの金額の差が一目瞭然

 

価格.com住宅ローン借り換えシュミレーションの中から我が家が選んだのはじぶん銀行です。

総費用の内訳などを知る為に最終的にじぶん銀行でシュミレーションを出して住宅ローン仮審査に出しました。

 

まとめ

我が家のように、住宅ローンの固定期間の終了で金利が上がる場合は住宅ローン借り換えシュミレーションを出してみて下さい!

 

20分ほどの時間で住宅ローンの利息を損せずに済みます!!

 

我が家はじぶん銀行本審査、地方銀行金利下げ交渉段階です。

 

大切な家族の為に!大切なお金を少しの手間で損しないようにして下さいね!