読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーランス10年 いまここ

フリーランス10年失敗、成功、家族、思考、考察、

5歳息子おっぱいを吸いたがる母乳を飲みたがる心理、男同士の嫉妬?争い?愛情不足?

育児

5歳息子おっぱいを吸いたがるおっぱいを触る

 

5歳の息子が最近やたらおっぱいを吸いたがる、1歳の息子と一緒に母乳を飲みたがります。娘はアレルギーの為哺乳瓶でミルクを飲んでいたのですが、5歳の息子がおっぱいを吸いたがるのは男の子だから?それとも、1歳の息子に嫉妬している?私の愛情が足りていないの?と思って調べてみました。

 最近いつもです、昨日の夜もお風呂場で5歳の息子と1歳の息子のおっぱいの取り合いです。2つあるのだから、1つずつ分ければいいのですが、それも嫌なようです。

どっちかを吸って、どっちかを隠して1歳の息子に飲まさないように抵抗します。

現在5歳の息子はいつまで母乳を飲んでいたのか?

3歳前くらいまで母乳を飲んでいました。というかほぼ出ていないのでおっぱいをくわえるだけです。1歳未満で保育園に通っていた(現在は幼稚園)のもあってか保育園から帰った後は必ず欲しがりました。寂しい思いをさせてしまっていると思っているのもあって、それで精神的に落ち着くのであればいいと思っていました。

次第に欲しがらなくなりました。私の母乳よりも「チョコモナカジャンボ食べたい!

プリンある?チップス買ってきた?」とおやつを欲しがるようになりました。

 

疑問を解決してくれるページを

Dr村松のやさしい医学

息子に当てはまるのがありました!

乳児性欲は、成長するにつれて、肛門愛、男根愛へと現れてきます。

幼児期に入ると、今度は“幼児性欲”を満たそうという行動が出現します。
3、4才になった男の子が自分のオチンチンを触っているうちに、
エレクションしてしまうのに気が付くでしょう。
「ほら、僕のオチンチンがこんなに大きくなったよ」
と見せに来たことがありませんか。

息子の場合は見せにきたことはありませんが、それらしい様子はありました。

幼児期の近親姦って何?

幼児期になると、男の子は、母親にスキンシップ愛を求めていくようになります。
寝る時間になるとお父さんやお母さんが寝るベットにやってきて、遊んでいく。
「もう遅いんだから、自分の部屋で寝ましょうね」
と言われて、自分の部屋に強制的に連れていかれる。
この男の子からすると、一人で寝ろと言ってるが、
本当は僕が邪魔なんだ…と感じてしまいます。
僕の一番大切なお母さん(女)を、
お父さん(他の男)にとられてしまったと感じさせてしまうことになります。
どう闘っても、母親という女を自分のものにしようという戦いでは、
いつも父親という男に完敗することを経験します。
この三角関係の戦いでは、いつも敗者の悲哀を味わう。
こういうことが重なると、男の子は、お父さんに対して、
自分の大切なお母さんを僕からとってしまった「にっくきヤツ」という、
敵対心や嫉妬を持つようになります。

我が家の場合は家族全員で布団を敷いて寝ているので自分の部屋で1人で寝かせることはありませんが、5歳の息子は絶対に私の隣で寝たがります。

1歳の息子はもちろん私の隣でないと寝ません。私の隣に娘が寝ていたら割り込みをしたり、何とかして私の隣で寝ようと必死です。家にいる時は常に1歳の息子が「ママ、ママ!」なので私を取られた気持ちと甘えたいのに甘えられない欲求があるのだと思います。

乳児性欲、幼児性欲を経て、思春期、青年期の性器性欲へと変化するようです。

しかりつけるのもよくないようなので、興味をそらしながら、1歳の息子が卒乳するくらいには興味がなくなってくるかなと思っています。

私にある原因

  • 幼稚園のお迎えが遅いので友達がバスや迎えで帰ってしまい寂しい思いをさせている。
  • 1歳次男が添乳で眠るので次男には背中を向けていつも眠っていた
  • 家へ帰ったら慌ただしく、家事、次の日の準備をするのでゆっくりする時間が減っていた。

まとめ

5歳の息子がおっぱいを吸いたがる心理は安心感や幸福感をもとめているので、それを満たすように膝に座らせて絵本を読んだり、抱きしめてあげたり、寝る時にいつも1歳の次男の方向に顔を向けてしまっているので、長男の方を向いて寝る回数を増やそうと思います。幼稚園のお迎えを早められる日は早めて絵本を読んであげる時間を取る、

忙しくても毎日1回は抱きしめてあげる。など出来る事をしていこうと思います。

私のように5歳前後の子供さんがおっぱいを吸いたがって悩んでいる方いらっしゃると知って安心しました。そして、成長する過程で必要な経験の1つでもあるとお医者さんが書いていて安心しました。同じように悩んでいる方いるんだと思うだけで少し心が軽くなりますよね。